名前
  • 德率鼻利莫古【日本書紀】(とくそつびりまくこ, とくそちびりまくこ)徳率鼻利莫古
  • 前部奈率鼻利莫古【日本書紀】(ぜんほうなそつびりまくこ, ぜんほうなそちびりまくこ)
  • 前部奈率鼻莫古校異【日本書紀】(ぜんほうなそつびまくこ, ぜんほうなそちびまくこ)
生年月日
( ~ 541年9月5日)
没年月日
(544年1月11日 ~ )
出来事
  • 541年(8月8日 ~ 9月5日)

    百済は安羅の日本府と新羅が通じていることを聞いて、前部奈率鼻利莫古・奈率宣文中部奈率木刕眯淳紀臣奈率弥麻沙「紀臣奈率とは、おそらく紀臣が韓の女を娶って生まれ、百済に留まって奈率となったのであり、その父は詳らかではない。他も皆これにならう」とある。らを安羅に遣わして、新羅に行った任那の執事を呼んで任那の再建を図らせた。

    【日本書紀 巻第十九 欽明天皇二年七月条】
  • 544年(1月11日 ~ 2月8日)

    聖明王欽明天皇の任那再建の催促を受け、群臣に策を講じるよう命じた。
    この時に上佐平沙宅己婁中佐平木刕麻那下佐平木尹貴徳率東城道天徳率木刕眯淳徳率国雖多奈率燕比善那らと議って言うには「我らの人となりが愚闇で智略もございません。任那再建の詔勅を速やかに承るべきでございます。いま任那の執事(つかさ)・国々の旱岐(かんき)らを呼んで共に謀し、意見を具申して志を表しましょう。また河内直移那斯麻都らが猶も安羅(あら)にいるならば任那再建は難しいでしょう。それで併せて上表して、本国へ戻して頂きましょう」と。

    【日本書紀 巻第十九 欽明天皇四年十二月条】