名前
  • 小鹿火宿禰【日本書紀】(おかいのすくね, をかすくね)
生年月日
( ~ 雄略天皇9年3月29日)
没年月日
(雄略天皇9年5月1日 ~ )
出来事
  • 雄略天皇9年3月

    雄略天皇紀小弓宿禰蘇我韓子宿禰大伴談連・小鹿火宿禰らに勅して「新羅は西の国にあって世を重ねて臣を称した。朝聘を違えることはなく、貢物も適当だった。朕が天下の王になってからは対馬の外に身を置き、跡を匝羅(さわら)朝鮮の地名。に隠して高麗の貢物を阻んで百済の城を呑み込んだ。また朝聘を欠いて貢物を納めることもない。狼の子のように野心があり、飽きては去り、飢えては近づく。お前たち四卿を大将に任ずる。軍を以って征伐して天罰を加えよ」と。

    紀小弓宿禰らは新羅に入って行く先々の郡を占領した。
    新羅王は夜に四方から皇軍の鼓の音を聞いて(とく)の地を全て占領されていることを知り、数百の騎兵と共に逃げ乱れて大敗した。
    小弓宿禰は追撃して敵将を陣中で斬った。
    喙の地は平定したが残兵は降伏しなかった。
    紀小弓宿禰は兵を収めて大伴談連らと合流した。また兵を整えて残兵と戦った。

    夕刻、大伴談連紀岡前来目連は力闘して死んだ。

    しばらくして残兵は自ずと退いた。皇軍もまた退いた。
    大将軍紀小弓宿禰は病気になって薨じた。

    【日本書紀 巻第十四 雄略天皇九年三月条】
  • 雄略天皇9年5月

    紀大磐宿禰は父が薨じたことを聞くと新羅に行き、小鹿火宿禰が掌っていた兵馬・船官と諸々の小官を執って自分勝手に振る舞った。
    小鹿火宿禰は深く大磐宿禰を憎んだ。

    この三人の臣紀大磐宿禰・蘇我韓子宿禰・小鹿火宿禰は以前から先を競い合って行く道を乱して、百済王の宮にたどり着かずに引き返した。

    小鹿火宿禰は紀小弓宿禰の喪のためにやって来て、独り角国(つののくに)に留まった。
    倭子連姓は不詳とある。を遣わして八咫鏡(やたのかがみ)大きな鏡の意。大伴大連に奉り、請願して「私は紀卿紀大磐宿禰と共に天朝に仕えることは堪えられません。どうか角国に留まることをお許し下さい」と。
    大連は天皇に奏上して角国に留まることになった。
    この角臣(つののおみ)らがはじめ角国に居して名を角臣としたのはこれが始まりである。

    【日本書紀 巻第十四 雄略天皇九年五月条】