名前
  • 氏(ウジ):紀【日本書紀】
  • 名:大磐【日本書紀】(おおいわ, おほいは)
  • 名:生磐【日本書紀】(おいわ, おいは)
  • 紀大磐宿禰【日本書紀】(きのおおいわのすくね, おほいはすくね)
  • 大磐宿禰【日本書紀】(おおいわのすくね, おほいはすくね)
  • 紀生磐宿禰【日本書紀】(きのおいわのすくね, おいはすくね)
  • 生磐宿禰【日本書紀】(おいわのすくね, おいはすくね)
生年月日
( ~ 雄略天皇9年3月29日)
没年月日
(顕宗天皇3年1月1日 ~ )
  • 紀小弓きのおゆみ【日本書紀 巻第十四 雄略天皇九年五月条】
先祖
  1. 紀小弓
    1. 白城宿禰
      1. 紀角宿禰
      2. unknown
    2. unknown
  2. unknown
  • 紀辛梶宿禰きのからかじのすくね【紀氏家牒逸文】【母:不明】
  • 坂本建日さかもとのたけひ直接的な記述は無いが、間接的に子と判断できる。【紀氏家牒逸文】【母:不明】
子孫
  1. 紀辛梶宿禰
  2. 坂本建日
出来事
  • 雄略天皇9年5月

    紀大磐宿禰は父が病死したことを聞くと新羅に行き、小鹿火宿禰が掌っていた兵馬・船官と諸々の小官を執って自分勝手に振る舞った。
    小鹿火宿禰は深く大磐宿禰を憎んだ。
    そこで詐って韓子宿禰に言うには「大磐宿禰が私に『私が韓子宿禰の掌る官を執るのはそう遠くない』と言いました。どうか気を付けて下さい」と。
    これによって韓子宿禰と大磐宿禰に隔たりができた。

    百済王は日本の諸将の小事をもとにした不仲を聞き、人を遣わして韓子宿禰らに「国の境を見せたいので、どうかおいで下さい」と言った。
    韓子宿禰らは轡を並べて向った。

    河に着いて大磐宿禰は馬に河の水を飲ませた。
    この時に韓子宿禰は後ろから大磐宿禰の馬の鞍を射た。
    大磐宿禰は驚いて振り返り、韓子宿禰を射落とした。すると河に飲まれて死んだ。

    この三人の臣紀大磐宿禰・蘇我韓子宿禰・小鹿火宿禰は以前から先を競い合って行く道を乱して、百済王の宮にたどり着かずに引き返した。

    小鹿火宿禰紀小弓宿禰の喪のために帰国して、独り角国(つののくに)に留まった。

    【日本書紀 巻第十四 雄略天皇九年五月条】
  • 雄略天皇9年3月

    父の紀小弓宿禰が新羅で病死する。

    【日本書紀 巻第十四 雄略天皇九年三月条】
  • 顕宗天皇3年

    紀生磐宿禰は任那(みまな)を越えて高麗(こま)に通った。
    西方で三韓の王になろうとして宮府を整え、神聖(かみ)を自称した。

    任那の左魯那奇他甲背らが謀って、百済の適莫爾解爾林(にりん)で殺した。爾林は高麗の地である。
    帯山城(しとろもろのさし)を築いて東道(やまとじ)を守った。
    糧食を運ぶ津を断ち、兵士は飢えに苦しんだ。

    百済王は激怒し、領軍(いくさ)古爾解内頭(ないとう)莫古解らを遣わして、兵を率いて帯山を攻めさせた。
    生磐宿禰は進軍して迎え撃った。勢い盛んで向うところ全て破った。
    一を以って百に当たったが、俄に兵は力尽き、失敗を知って任那から帰った。

    これにより百済国は佐魯那奇他甲背ら三百余人を殺した。

    【日本書紀 巻第十五 顕宗天皇三年是歳条】
関連