名前
  • 奇稻田姬【日本書紀】(くしなだ, くしいなだ)奇稲田姫
  • 稻田媛【日本書紀】(いなだ)稲田媛
  • 眞髮觸奇稻田媛【日本書紀】(まかふるくしなだ)真髪触奇稲田媛
  • 奇稻田媛【日本書紀】(くしなだ)奇稲田媛
  • 櫛名田比賣【古事記】(くしなだ)櫛名田比売
  • 脚摩乳あしなずち【日本書紀 巻第一 神代上第八段】
  • 手摩乳てなずち【日本書紀 巻第一 神代上第八段】
先祖
  1. 脚摩乳
    1. 大山津見神
      1. 伊邪那岐命
      2. 伊邪那美命
  2. 手摩乳
配偶者
  • 素戔嗚尊すさのおのみこと【日本書紀 巻第一 神代上第八段】
  • 大国主神おおくにぬしのかみ【日本書紀 巻第一 神代上第八段】【父:素戔嗚尊すさのおのみこと
    • 八島士奴美神やしましぬみのかみ清之湯山主三名狭漏彦八島篠すがのゆやまぬしみなさるやひこやしましの【古事記 上巻, 日本書紀 巻第一 神代上第八段 一書第一】【父:速須佐之男命はやすさのおのみこと
子孫
  1. 大国主神
    1. 木俣神
    2. 味耜高彦根神
    3. 下照姫
    4. 事代主神
      1. 鴨王
      2. 媛蹈鞴五十鈴媛命
      3. 五十鈴依媛命
    5. 鳥鳴海神
      1. 国忍富神
    6. 高照光姫大神命
    7. 建御名方神
出来事
  • 素戔嗚尊は、天から出雲国(いずものくに)()の川上に降りた。
    時に川上で泣き声を聞いた。それで泣き声を尋ねて行くと、一組の老夫婦がいて、中に一人の少女を置いて、かき撫でながら泣いていた。素戔嗚尊が「お前らは誰か。何の為にこのように泣いているのだ」と尋ねると、「私は国神(くにつかみ)で、名は脚摩乳と申します。我が妻の名は手摩乳と申します。この童女は私の子です。名は奇稲田姫と申します。泣いているわけは、先に私の子は八人の娘がおりましたが、毎年八岐大蛇(やまたのおろち)に呑まれました。今この娘もまた呑まれようとしております。免れることはありません。それで悲しんでおります」と答えた。素戔嗚尊が「もしそうであれば、お前の娘を私にくれないか」と言うと、「仰せのままに奉ります」と答えた。
    それで素戔嗚尊は、奇稲田姫を湯津爪櫛(ゆつつまくし)に変えて、髻に挿した。そして脚摩乳手摩乳八醞酒(やしおおりのさけ)を醸させ、併せて仮棚を八面作らせ、それぞれ槽を一つずつ置いて、酒を入れて待った。
    時期がくるとやはり大蛇がやって来た。頭・尾はそれぞれ八つあり、目は赤酸醤(あかかがち)赤ほおずき。赤酸醤。此云阿箇箇鵝知。のようだった。松や柏が背に生えて、八つの山、八つの谷の間に広がっていた。酒を見つけると、頭をそれぞれの槽に落として飲み、酔って眠った。
    その時、素戔嗚尊は帯びていた十握剣(とつかのつるぎ)を抜いて、その蛇をずたずたに斬った。

    この後に、素戔嗚尊は結婚する所を探して、出雲の清地(すが)清地。此云素鵝。に着いた。そしてそこに宮を建てた。
    あるいは歌の部分のみを指す。夫婦の交わり云々は本文。武素戔嗚尊は歌を詠んだともいう。

    ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()()()()𢌞()

    そして夫婦の交わりをして、生まれた子を大己貴神という。それで「我が子の宮の首長は、脚摩乳手摩乳である」と言った。

    【日本書紀 巻第一 神代上第八段】
    • 素戔嗚尊は天から出雲(いずも)()の川上に降りた。そして稲田宮主簀狭之八箇耳の娘の稲田媛を見て、妻屋を建てて生んだ子は、名付けて清之湯山主三名狭漏彦八島篠という。あるいは清之繋名坂軽彦八島手命という。また清之湯山主三名狭漏彦八島野という。この神の五世孫が大国主神である。

      【日本書紀 巻第一 神代上第八段 一書第一】
    • 素戔嗚尊は安芸国の可愛()の川上に降りた。そこに神があった。名を脚摩手摩という。その妻の名を稲田宮主簀狭之八箇耳という。この神は妊娠していた。夫妻は共に憂えて、素戔嗚尊に言うには、「私が生んだ子は多かったのですが、生むたびに八岐大蛇(やまたのおろち)がやって来て呑みこんでしまいました。一人も助かりませんでした。今私はまた産むころになり、また呑みこまれることを恐れています。それで悲しんでおります」と。
      素戔嗚尊は「お前は果実を集めて八つの甕に酒を醸しなさい。私がお前のために蛇を殺そう」と教えた。
      二神は教えに従って酒を設けた。産む時に至り、やはりその大蛇が入り口にやって来て子を呑もうとした。素戔嗚尊は「あなたは恐れ多い神です。おもてなし申し上げましょう」と言った。そして八つの甕の酒を口ごとに入れると、その蛇は酒を飲んで眠った。そこで素戔嗚尊は剣を抜いて斬った。尾を斬った時に剣の刃が少し欠けた。割いて見てみると、尾の中に剣があった。これを名付けて草薙剣(くさなぎのつるぎ)という。これは今尾張国の吾湯市村(あゆちのむら)にある。熱田祝部(あつたのはふり)が祭る神がこれである。その蛇を断った剣は、名付けて蛇之麁正(おろちのあらまさ)という。これは今石上(いそのかみ)にある。
      この後、稲田宮主簀狭之八箇耳が生んだ子である真髪触奇稲田媛は、出雲国の()の川上に移して養った。その後、素戔嗚尊の妃として生んだ子の六世孫が、大己貴命である。

      【日本書紀 巻第一 神代上第八段 一書第二】
    • 素戔嗚尊は奇稲田媛を妃に欲しいと求めた。脚摩乳手摩乳は答えて、「どうか先にその蛇を殺して下さい。その後にお召しになるのがよろしいでしょう」と答えた。その大蛇は頭ごとにそれぞれ石松(いわまつ)が生え、両脇には山があり、とても恐ろしいです。どのように殺しましょうか」と。
      素戔嗚尊は考えて、毒酒を醸して飲ませた。蛇は酔って眠った。素戔嗚尊韓鋤之剣(からさびのつるぎ)で、蛇の頭を斬り、腹を斬った。その尾を斬った時に、剣の刃が少し欠けた。それで尾を裂いて見てみると、一つの剣があった。名を草薙剣(くさなぎのつるぎ)という。

      【日本書紀 巻第一 神代上第八段 一書第三】
    • 須佐之男命出雲国(いずものくに)()の河上の鳥髪(とりかみ)という地に降りた。このとき箸がその河から流れ下ってきた。須佐之男命は河上に人がいると思い、尋ねていくと、老夫と老女と二人いて、童女を中に置いて泣いていた。そこで「お前たちは誰か」と尋ねた。それでその老夫は「私は国神(くにつかみ)で、大山津見神の子です。私の名は足名椎といいます。妻の名は手名椎といいます。娘の名は櫛名田比売といいます」と答えた。また「お前たちはなぜ泣いているのか」と尋ねると、「私の娘はもともと八人おりましたが、この高志(こし)八俣遠呂智(やまたのおろち)が毎年やって来ては食っていきました。今まさにその来る時期なので泣いているのです」と答えた。また「その形はどのようなものか」と尋ねると、「目は赤加賀知(あかかがち)ホオズキの古名。のようで、体は一つですが、頭が八つ、尾が八つあります。またその体には(かげ)ヒカゲノカズラの古名。(ひのき)(すぎ)が生え、その丈は八つの谷、八つの丘にまたがり、その腹を見ると、全てが常に血で爛れています」と答えた。
      そこで速須佐之男命は、その老夫に「このお前の娘を私にくれないだろうか」と言った。答えて「恐れ入りますが、お名前も存じ上げませんので」と言った。そこで「私は天照大御神の弟である。今、天降ってきたのだ」と言った。足名椎手名椎の神は「畏まりました。差し上げます」と言った。
      速須佐之男命はその童女を湯津爪櫛(ゆつつまぐし)に変えて角髪に刺し、その足名椎手名椎の神に告げて、「お前たちは八度くり返して酒を醸し、また垣を作り廻らし、その垣に八つの門を作り、門ごとに八つの桟敷を作り、その桟敷ごとに酒船を置き、船ごとにその八度醸した酒を盛って待て」と。
      その言葉に従い、備えて待っていると、その八俣遠呂智が言葉どおりにやって来た。そして酒船ごとに頭を垂れ入れて、その酒を飲んだ。すると酔ってそこに留まり、伏して寝た。
      速須佐之男命は、佩いていた十拳剣(とつかのつるぎ)を抜いて、その(おろち)を切りに切った。肥の河は血に変わって流れた。その尾の中程を切ったときに、剣の刃が欠けた。不思議に思って、剣の先で刺し割いてみると、都牟刈(つむがり)語義不詳。大刀(たち)があった。それでこの大刀を取って不思議に思い、天照大御神に報告した。これが草那芸之大刀(くさなぎのたち)である。

      速須佐之男命は宮造設の地を出雲国(いずものくに)で探した。須賀(すが)の地に着いて、「私はこの地にやって来たが、心が清々しい」と言った。その地に宮を造った。それでその地を、今は須賀というのである。
      この大神が初めて須賀宮(すがのみや)を造ったとき、その地に雲が立ち昇ったので、歌を作って詠んだ。

      ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()()()()()

      それでその櫛名田比売と寝所で交わりを始めて、生まれた神の名は八島士奴美神という。

      【古事記 上巻】
    • 素戔烏尊が出雲国の簸の河上、鳥髪の地に着いた時、その河上から箸が流れ下ってきた。素戔烏尊はその河上に人がいる思い、尋ねて上って行くと、河上から泣き叫ぶ声が聞こえた。それでその声を尋ねて上って行くと、一人の老翁と老婆がいて、中に小女を置いて泣いていた。
      素戔烏尊が「お前たちは誰であるか。なぜこのように泣いているのだ」と尋ねると、「私は国神です。名を脚摩乳と申します。我が妻の名は手摩乳と申します。この童女は私の子で、名を奇稲田姫と申します。泣いている理由は、昔、私の子で八人の少女がおりました。これが高志(こし)八岐大蛇(やまたのおろち)が毎年やって来て呑まれました。今また呑まれようとしています。それで哀しんでいるのです」と答えた。
      素戔烏尊が「その姿はどのようであるか」と尋ねると、「大蛇は一つの体に八つの頭と尾がそれぞれ八つに分かれています。眼は赤酸醬のようで、その身には蘿が生え、また松・柏・杉・桧を背の上に負っています。その長さは八つの谷、八つの山に渡っています。その腹を見ると、悉く常に血で爛れています」と答えた。素戔烏尊が老夫に「このお前の娘を、私にくれないだろうか」と言うと、「恐れ入ります。しかし御名を存じません」と答えた。素戔烏尊が「私は天照太神の弟である。今天から降ってきた」と言うと、「お言葉に従います。どうか先ずはその蛇を殺し、その後にお召しになるのが宜しいでしょう」と答えた。
      素戔烏尊は立ちどころに奇稲田姫を湯津爪櫛(ゆつつまくし)に変えて、御髻に刺した。そして脚摩乳手摩乳に命じて八醞酒を醸して八つの甕に造り、また垣を廻り造らせて、そしてその垣に八つの門を作り立て、八つの床を作り、それぞれに酒甕一口に酒を盛らせた。そこで言葉のままに設けて待った。
      時に八岐大蛇は言った通りに、八つの丘・八つの谷の間を這い渡って来た。素戔烏尊は蛇に「あなたは恐れ多い神です。おもてなし致しましょう」と言った。するとに頭をそれぞれ槽に入れて八つの甕酒を飲んだ。飲み終わると酔って寝てしまった。素戔烏尊は帯びていた十握剣を抜いて、その蛇を斬った。
      蛇は八段に斬られて、段ごとに雷となった。八つの雷は飛び躍って天に昇った。この神はとても不思議であった。簸の河は血に変わって流れた。
      その尾を斬った時に、剣の刃が少し欠けた。それでその尾を裂いて見ると、中に一つの剣があった。名は天藂雲剣(あめのむらくものつるぎ)。これは大蛇が居た上に、常に雲気があったので名付けたのであろう。
      素戔烏尊は「これは神の剣である。私の所に置くべき物ではない」と言って、五世孫である天之葺根神を遣わして、天に上って奉った。その後、日本武尊征東の時、その剣を名付けて草薙剣(くさなぎのつるぎ)という。今は尾張国の吾湯市村(あゆちのむら)にある。即ち熱田神社が崇める神である。
      その蛇を斬った剣は、今は吉備の神部(かむとも)のもとにある。出雲の簸の河上に至るのがこれである。または、蛇を斬った剣は蛇之麤正(おろちのあらまさ)といい、今は石上神宮にあるという。

      素戔烏尊は結婚する所を探して、出雲の清の地(または須賀須賀斯(すがすがし)という)に着いた。そして「私の心は清々しい」と言った。そしてその所に宮を建てる時、その地に雲が立ち上った。それで御歌を作った。

      ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()()()()𢌞()

      そして夫婦の交わりをして妃とし、生まれた子は大己貴神。またの名は八島士奴美神。またの名は大国主神。またの名は清之湯山主三名狭漏彦八島篠。またの名は清之繋名坂軽彦八島手命。またの名は清之湯山主三名狭漏彦八島野

      素戔烏尊は「我が子の宮の首は、脚摩乳手摩乳である」と言った。それで二神に名を賜って稲田宮主神という。出雲に鎮座する神がこれである。

      【先代旧事本紀 巻第四 地祇本紀】