木羅斤資

名前
  • 木羅斤資【日本書紀】(もくらこんし)
性別
男性
生年月日
( ~ 249年4月29日)
没年月日
(249年3月31日 ~ )
  • 木満致もくまんち【日本書紀 巻第十 応神天皇二十五年条 百済記云】【母:不明】
出来事
  • 249年(3月31日 ~ 4月29日)

    神功皇后荒田別鹿我別を新羅征伐の将軍とした。
    そして久氐らと共に兵を整えて卓淳(とくじゅん)国に至り、まさに新羅を襲おうとした時に、ある人が言うには「兵が少なくて新羅を破ることは出来ません。沙白蓋盧を送って増兵を請いましょう」と。
    そこで木羅斤資・沙沙奴跪に命じて、精兵を率いて沙白蓋盧と共に遣わした。
    共に卓淳に集い、新羅を撃ち破った。
    そして比自㶱(ひしほ)南加羅(ありひしのから)喙国(とくのくに)安羅(あら)多羅(たら)・卓淳・加羅(から)の七国を平定した。

    兵を移して西を廻って古爰津(こけいのつ)に至り、南蛮の忱弥多礼(とむたれ)を亡ぼして、百済に賜った。
    その王肖古と王子貴須は、また軍を率いてやって来た。
    時に比利(ひり)辟中(へちゅう)布弥支(ほむき)半古(はんこ)の四つの邑が自然に降服した。
    百済王父子と荒田別・木羅斤資らは、共に意流村(おるすき)で合流し、互いに喜んだ。礼を厚くして送り遣わした。

    百済の将だが姓不詳とある。
    【日本書紀 巻第九 神功皇后摂政四十九年三月条】
  • ・・・
    • 壬午年に新羅が貴国に朝貢しなかった。
      貴国は沙至比跪を遣わして討たせた。
      新羅人は美女二人を飾って、港に迎え欺いた。
      沙至比跪はその美女を受け入れ、反対に加羅国を討った。

      加羅国王の妹の既殿至は大倭(やまと)にやってきて、「天皇は沙至比跪を遣わして、新羅を討たせました。しかし新羅の美女を受け入れて、討つことはしませんでした。反対に我が国を滅ぼしました。兄弟・人民は皆流浪しました。それで憂う思いに堪えられず、参上して申し上げるのです」と言った。
      天皇は激怒して、木羅斤資を遣わした。

      軍勢を率いて加羅に集まり、その国を回復させた。

      【日本書紀 巻第九 神功皇后摂政六十二年条 百済記云】
  • ・・・
    • 木満致は、木羅斤資が新羅(しらき)を討つ時に、その国の女を娶って生まれた。
      その父の功で任那(みまな)を専らにした。

      【日本書紀 巻第十 応神天皇二十五年条 百済記云】