倭彦命

名前
  • 倭彥命【日本書紀】(やま)倭彦命
  • 倭日子命【古事記】(やま
性別
男性
生年月日
(崇神天皇29年1月1日 ~ )
没年月日
垂仁天皇28年10月5日
  • 崇神天皇すじんてんのう【日本書紀 巻第五 崇神天皇元年二月丙寅条】
  • 御間城姫みまきひめ【日本書紀 巻第五 崇神天皇元年二月丙寅条】
先祖
  1. 崇神天皇
    1. 開化天皇
      1. 孝元天皇
      2. 鬱色謎命
    2. 伊香色謎命
      1. 大綜麻杵
      2. 高屋阿波良姫
  2. 御間城姫
    1. 大彦命
      1. 孝元天皇
      2. 鬱色謎命
    2. unknown
出来事
  • (崇神天皇29年1月1日 ~ )兄の垂仁天皇誕生以後。

    崇神天皇の皇子として生まれる。母は御間城姫

    【日本書紀 巻第五 崇神天皇元年二月丙寅条】
  • 垂仁天皇28年10月5日

    薨去。

    【日本書紀 巻第六 垂仁天皇二十八年十月庚午条】
  • 垂仁天皇28年11月2日

    倭彦命を身狭桃花鳥坂(むさのつきさか)に葬った。
    近習を集めて、悉く生きたまま陵に周りに埋め立てた。日を経ても死なず、昼夜泣き呻いた。遂に死んで腐り、犬や烏が集まり食べた。
    垂仁天皇はこの泣き呻く声を聞くいて心を傷めた。
    群卿に詔して「生きているときに愛した者が、死ぬ者に殉じることは心がとても傷む。古くからの風習と雖も、良くないことには従がわなくて良い。今後は議って殉死を止めるように」と。

    【日本書紀 巻第六 垂仁天皇二十八年十一月丁酉条】
    • この王の時に始めて陵に人垣を立てた。

      【古事記 中巻 崇神天皇段】