名前
  • 熯速日神【日本書紀】はや)熯速日神
  • 熯速日命【日本書紀】はや
  • 熯之速日命【日本書紀】はや
  • 樋速日神【古事記】はや)樋速日神
  • 槌速日神樋速日神の書き損じと判断したが、別神の可能性もある。【先代旧事本紀】槌速日神
キーワード
  • 後裔は河内国服連(はとりのむらじ)【新撰姓氏録 当サイトまとめ】
  • 甕速日神みかはやひのかみ【日本書紀 巻第二 神代下第九段】
  • ・・・
    • 日神ひのかみ天照大神あまてらすおおみかみ生んだのは素戔嗚尊だが、その清き心を知り自分の子とする。【日本書紀 巻第一 神代上第六段 一書第三】
先祖
  1. 甕速日神
    1. 稜威雄走神
  • 武甕槌神たけみかずちのかみ【日本書紀 巻第二 神代下第九段】
子孫
  1. 武甕槌神
出来事
  • 甕速日神の子として生まれる。

    【日本書紀 巻第二 神代下第九段】
    • 伊奘諾尊軻遇突智を斬った剣の鐔から滴る血がそそいで化生する。

      【日本書紀 巻第一 神代上第五段 一書第六】
    • 日神と誓約をした素戔嗚尊の右腕の中から生まれる。

      日神素戔嗚尊がはじめから清い心があると知って、自分の子として、天原を治めさせた。

      【日本書紀 巻第一 神代上第六段 一書第三】
    • 素戔嗚尊が右の瓊を嚙んで、右の掌に置いた時に生まれる。

      【日本書紀 巻第一 神代上第七段 一書第三】
    • 伊邪那岐命十拳剣(とつかのつるぎ)迦具土神の頸を斬り、刀の本に付いた血が岩石の群れに飛び散った際に化生する。
      斬った刀の名は天之尾羽張という。またの名を伊都之尾羽張という。

      【古事記 上巻】
    • 剣の鐔から滴る血がそそいで神となり、湯津石村(ゆついわむら)に走りついて成った神の名は天尾羽張神という。またの名は稜威雄走神。または甕速日神という。または熯速日神という。または槌速日神という。今、天安河上(あめのやすのかわかみ)天窟(あめのいわや)に鎮座する神である。

      【先代旧事本紀 巻第一 陰陽本紀】
    • 素戔烏尊天照太神の左の御腕の玉を含み、左の足の中から生まれる。

      【先代旧事本紀 巻第二 神祇本紀】
関連
  • 十二世孫:麻羅宿禰まらのすくね【新撰姓氏録 第二帙 第十八巻 摂津国神別 天神 服部連条】