名前
  • 甕速日神【日本書紀,古事記】かはや)甕速日神
  • 甕速日命【日本書紀】かはや
  • 稜威雄走神いつのおはしりのかみ天之尾羽張あめのおはばり【日本書紀 巻第二 神代下第九段】
先祖
  1. 稜威雄走神
  • 熯速日神ひのはやひのかみ【日本書紀 巻第二 神代下第九段】
    • 武甕槌神たけみかずちのかみ【古語拾遺 神代段】
子孫
  1. 熯速日神
    1. 武甕槌神
出来事
  • 稜威雄走神の子として生まれる。

    【日本書紀 巻第二 神代下第九段】
    • 伊奘諾尊軻遇突智を斬った剣の鐔から滴る血がそそいで化生する。

      【日本書紀 巻第一 神代上第五段 一書第六】
    • 伊邪那岐命十拳剣(とつかのつるぎ)迦具土神の頸を斬り、刀の本に付いた血が岩石の群れに飛び散った際に化生する。
      斬った刀の名は天之尾羽張という。またの名を伊都之尾羽張という。

      【古事記 上巻】
    • 剣の鐔から滴る血がそそいで神となり、湯津石村(ゆついわむら)に走りついて成った神の名は天尾羽張神という。またの名は稜威雄走神。または甕速日神という。または熯速日神という。または槌速日神という。今、天安河上(あめのやすのかわかみ)天窟(あめのいわや)に鎮座する神である。

      【先代旧事本紀 巻第一 陰陽本紀】