名前
  • 日置王【上宮聖徳法王帝説】
  • 俾支王【聖徳太子平氏伝雑勘文】(ひ
  • 俾支【聖徳太子平氏伝雑勘文】(ひ
  • 聖徳太子しょうとくたいし【上宮聖徳法王帝説】
  • 刀自古郎女とじこのいらつめ【上宮聖徳法王帝説】
先祖
  1. 聖徳太子
    1. 用明天皇
      1. 欽明天皇
      2. 堅塩媛
    2. 穴穂部間人皇女
      1. 欽明天皇
      2. 小姉君
  2. 刀自古郎女
    1. 蘇我馬古
      1. 蘇我稲目
      2. unknown
    2. unknown
配偶者
  • 伊斯売支弥いしめきみ【聖徳太子平氏伝雑勘文 下三 大宮太子御子孫并妃等事 上宮記下巻注云】
出来事
  • 俾支は巷宜大野君、名は多利支弥の女子、名は伊斯売支弥を娶り、生まれた児は
    一男二女。
    合わせて三王である。

    【聖徳太子平氏伝雑勘文 下三 大宮太子御子孫并妃等事 上宮記下巻注云】