名前
  • 坂合部連贄宿禰【日本書紀】(さかあいべのむらじにえのすくねにえのすくね, さかあむらじにすくねにえのすくね, さかいべのむらじにえのすくねにえのすくね, さかむらじにすくねにえのすくね)坂合部連贄宿禰
  • 邇倍足尼【新撰姓氏録抄】(にすくね, にえのすくね, にすくね)
キーワード
  • 後裔は左京坂合部宿禰(さかあいべのすくね)・右京坂合部宿禰【新撰姓氏録抄 当サイトまとめ】
没年月日
安康天皇3年8月9日
出来事
  • 安康天皇3年8月9日【日本書紀 巻第十三 安康天皇三年八月壬辰条】

    大泊瀨皇子後の雄略天皇。円大臣坂合黒彦皇子眉輪王が焼き殺される。

    時に坂合部連贄宿禰は坂合黒彦皇子の屍を抱いて焼け死んだ。
    その舎人名は不明とある。どもは焼けた遺骸を取り収めたが、骨を選び分けることは難しかった。
    一つの棺に入れて新漢(いまきのあや)擬本(つきもと)『擬の訓みは未詳で、槻(つき)であろうか』とある。の南の丘に合葬した。

    【日本書紀 巻第十四 雄略天皇即位前紀 安康天皇三年八月条】
関連
  • 八世祖:火明命ほあかりのみこと【新撰姓氏録抄 第二帙 第十三巻 左京神別下 天孫 坂合部宿禰条】
    • 八世祖:火闌降命ほのすそりのみこと十五巻右京坂合部宿禰条も火明命の八世祖邇倍足尼とするが、ある写本は火闌降命の八世祖邇倍足尼とする。【新撰姓氏録抄 第二帙 第十五巻 右京神別下 天孫 坂合部宿禰条】