名前
  • 宅部皇子【日本書紀】(やか
生年月日
( ~ 用明天皇2年6月7日)
没年月日
用明天皇2年6月8日
  • 宣化天皇せんかてんのう【日本書紀 巻第二十一 崇峻天皇即位前紀 用明天皇二年六月辛亥条】
先祖
  1. 宣化天皇
    1. 継体天皇
      1. 彦主人王
      2. 振媛
    2. 目子媛
      1. 尾張草香
  2. unknown
  • 上女王かみつひめのおおきみ【日本書紀 巻第二十一 崇峻天皇即位前紀 用明天皇二年六月辛亥条】【母:不明】
子孫
  1. 上女王
出来事
  • 用明天皇2年6月7日

    蘇我馬子宿禰らが炊屋姫尊後の推古天皇。を奉じて、佐伯連丹経手土師連磐村的臣真噛に詔して「汝らは兵を整え、速やかに穴穂部皇子と宅部皇子を誅殺せよ」と。

    この日の夜半、佐伯連丹経手らは穴穂部皇子の宮を囲んだ。

    兵士はまず(たかどの)の上に登って穴穂部皇子の肩を撃った。
    皇子は楼の下に落ちて、そばの部屋に走り入った。
    兵士らは灯火を挙げ誅殺した。

    【日本書紀 巻第二十一 崇峻天皇即位前紀 用明天皇二年六月庚戌条】
  • 用明天皇2年6月8日

    誅殺される。

    穴穂部皇子と仲が良かったために誅されたとある。
    【日本書紀 巻第二十一 崇峻天皇即位前紀 用明天皇二年六月辛亥条】