武烈王

このページは作成途上です

名前
  • 武烈王(ぶれつおう)
  • 金春秋(きんしゅんじゅう)
  • 大阿滄金春秋【日本書紀】
  • 春秋智【日本書紀】(しゅんじゅうち)
性別
男性
生年月日
( ~ 648年1月29日)
没年月日
(660年8月12日 ~ )
出来事
  • (647年2月10日 ~ 648年1月29日)

    新羅が上臣大阿滄金春秋らを遣わして、博士小徳高向黒麻呂小山中中臣連押熊を送り、孔雀一羽、鸚鵡一羽を献上した。そして春秋は人質とした。春秋は容姿が美しく、好んで談笑した。

    【日本書紀 巻第二十五 大化三年是歳条】
  • 660年(8月12日 ~ 9月9日)

    高麗の沙門道顕の日本世記に曰く、七月云々、春秋智は大将軍蘇定方の手を借りて百済を挟み撃ちにして亡ぼした。

    或いは曰く、百済は自ら亡んだ。君の大夫人が妖女かつ無道であり、ほしいままに国権を奪って、賢良の士を誅殺したことにより禍を招いた。慎まなければならない。慎まなければならない。

    その注に云うには、新羅の春秋智は、内臣蓋金に願いを入れられなかった。また唐に使いして、自国の衣冠を捨てて天子に媚びた。禍を隣国に投げる意図を構えた。

    【日本書紀 巻第二十六 斉明天皇六年七月乙卯条 日本世記曰】
    • 660年8月21日

      七月十日に大唐の蘇定方が船軍を率いて尾資(びし)の津に陣取った。
      新羅王春秋智は兵馬を率いて怒受利(のずり)の山に陣取った。
      百済を挟撃して戦うこと三日、我が王城は陥落した。
      同月十三日に王城は破れた。
      怒受利の山は百済の東の境である。

      【日本書紀 巻第二十六 斉明天皇六年九月癸卯条 或本云】