玉田宿禰

名前
  • 玉田宿禰【日本書紀】(たまたすくね, たまだすくね)
  • 王田宿禰校異【日本書紀】
没年月日
允恭天皇5年7月14日
  • 葛城襲津彦かずらきのそつひこ允恭五年七月己丑条には祖父とあるので注意。【日本書紀 巻第十四 雄略天皇七年是歳条】
先祖
  1. 葛城襲津彦
    1. 建内宿禰
      1. 屋主忍男武雄心命
      2. 影媛
    2. 葛比売
      1. 荒田彦
      2. unknown
  2. unknown
  • 毛媛けひめ【日本書紀 巻第十四 雄略天皇七年是歳条 別本云】【母:不明】
子孫
  1. 毛媛
出来事
  • 允恭天皇5年7月14日

    地震があった。

    これより先、反正天皇の殯を任じられていたが、この日は別の場所で男女を集めて酒宴をしていた。

    允恭天皇が派遣した尾張吾襲に状況を報告された。
    問題になる事を恐れて、馬一匹を尾張吾襲に授けて賂とし、密かに吾襲を待ち受けて殺して武内宿禰の墓地に逃げ隠れた。

    天皇はこれを聞いて玉田宿禰を呼び寄せた。
    玉田宿禰は疑って、鎧を衣の内に着て参上した。鎧の端が衣の内から出ていた。
    天皇はその状況を明らかにするために、小墾田采女に命じて玉田宿禰に酒を賜った。
    采女は衣の内に鎧があることをはっきり見て天皇に報告した。
    天皇は武器を用意して殺そうとしたが、玉田宿禰は密かに逃げ出て家に隠れた。
    天皇は兵を使って玉田の家を囲み、捕えて殺した。

    【日本書紀 巻第十三 允恭天皇五年七月己丑条】