尾張吾襲

名前
  • 氏(ウジ):尾張【日本書紀】(おわり, をはり)
  • 姓(カバネ):連【日本書紀】(むらじ)連
  • 名:吾襲【日本書紀】(あ
没年月日
允恭天皇5年7月14日
出来事
  • 允恭天皇5年7月14日

    地震があった。

    これより先、允恭天皇玉田宿禰に命じて反正天皇の殯を任じた。
    その地震の夜に尾張吾襲を遣わして、殯宮の消息を観察させた。

    このとき諸人は欠けることなく皆が集まっていたが、ただ玉田宿禰だけがいなかった。
    吾襲は「殯宮大夫玉田宿禰が殯宮にいません」と上奏した。
    また吾襲を葛城(かずらき)に遣わして、玉田宿禰を探させた。

    この日、玉田宿禰は男女を集めて酒宴をしていた。
    吾襲は状況を玉田宿禰に告げた。
    宿禰は問題になる事を恐れて、馬一匹を吾襲に授けて賂とし、密かに吾襲を待ち受けて殺した。

    【日本書紀 巻第十三 允恭天皇五年七月己丑条】