屋主忍男武雄心命

名前
  • 屋主忍男武雄心命【日本書紀】(やぬしおしおたけおこころのみこと, やぬしおしをた
  • 武猪心【日本書紀】(たけいこころ, た)武猪心
  • 屋主忍男武猪心命【日本書紀】(やぬしおしおたけいこころのみこと, やぬしおしをた)屋主忍男武猪心命
  • 屋主忍雄建猪心命【新撰姓氏録抄】(やぬしおしおたけいこころのみこと, やぬしおしをた)屋主忍雄建猪心命
  • 屋主忍武雄心命【紀氏家牒逸文】(やぬしおしたけおこころのみこと, やぬしおした
キーワード
  • 後裔は右京紀朝臣(きのあそみ)【新撰姓氏録抄 当サイトまとめ】
性別
男性
生年月日
( ~ 景行天皇3年2月1日)
没年月日
(景行天皇3年2月1日 ~ )
  • 彦太忍信命ひこふつおしのまことのみこと彦太忍信命は武内宿禰の祖父という記事と、武内宿禰の父は屋主忍男武雄心命という記事から判断。【日本書紀 巻第四 孝元天皇七年二月丁卯条】
先祖
  1. 彦太忍信命
    1. 孝元天皇
      1. 孝霊天皇
      2. 細媛命
    2. 伊香色謎命
      1. 大綜麻杵
      2. 高屋阿波良姫
  2. unknown
配偶者
  • 影媛かげひめ【日本書紀 巻第七 景行天皇三年二月庚寅朔条】
  • 武内宿禰たけしうちのすくね【日本書紀 巻第七 景行天皇三年二月庚寅朔条】【母:影媛かげひめ山下影日売やましたかげひめ)】
  • 甘美内宿禰うましうちのすくね武内宿禰の弟ということから推測。【日本書紀 巻第十 応神天皇九年四月条】【母:不明】
出来事
  • 景行天皇3年2月1日

    景行天皇は紀伊国に行幸して神祇を祭祀しようと占った。すると不吉と出たので行幸を中止した。
    そこで屋主忍男武雄心命を遣わして祭らせた。
    屋主忍男武雄心命は阿備(あび)柏原(かしわはら)にて神祇を祭祀した。
    留まり住むこと九年。
    菟道彦の娘の影媛を娶り、武内宿禰が生まれた。

    【日本書紀 巻第七 景行天皇三年二月庚寅朔条】
関連