筑紫薩野馬

このページは作成途上です

名前
  • 氏(ウジ):筑紫【日本書紀】(つくし)
  • 姓(カバネ):君【日本書紀】
  • 名:薩野馬【日本書紀】(さちやま)
生年月日
( ~ 天智天皇10年11月10日)
没年月日
(天智天皇10年11月10日 ~ )
出来事
  • 天智天皇10年11月10日

    対馬国司が使いを筑紫大宰府に遣わして言うには「今月の二日に沙門道久・筑紫君薩野馬・韓島勝娑婆布師首磐の四人が唐からやってきて言うには『唐国の使人郭務悰ら六百人、送使沙宅孫登ら千四百人。合わせて二千人が船四十七隻に乗って比智島(ひちしま)に停泊しました。語り合って、今我々の人や船の数は多い。急に向こうに着けば恐らく防人が驚いて射かけてくるであろう。そこで道久らを遣わして、予め来朝する意を明かにするため陳情します』と申しております」と。

    【日本書紀 巻第二十七 天智天皇十年十一月癸卯条】