難波日香蛟

名前
  • 氏(ウジ):難波【日本書紀】(なにわ, なには)難波
  • 姓(カバネ):吉師【日本書紀】し)
  • 名:日香蛟【日本書紀】かか)
  • 姓(カバネ):吉士【日本書紀】し)
  • 名:日香香【日本書紀】かか)
没年月日
安康天皇元年2月1日
出来事
  • 安康天皇元年2月1日

    安康天皇根使主の讒言を信じて大草香皇子を殺した。

    難波吉師日香蛟父子は大草香皇子に仕えていた。
    共にその主君が罪も無く殺されたことを悲しみ、父は王の頸を抱き、二人の子はそれぞれ王の足を抱えた。
    そして「我が君は罪も無いのに死んでしまわれた。なんと悲しいことか。我ら親子三人は生前にお仕え申し上げ、死に殉じなければ家来とはいえない」と言うと、自刎して皇子の屍の側で死んだ。
    軍衆の悉くが涙を流した。

    【日本書紀 巻第十三 安康天皇元年二月戊辰朔条】
  • 雄略天皇14年4月1日

    雄略天皇根使主を殺した。
    そして難波吉士日香香の子孫を探し、姓を賜って大草香部吉士(おおくさかべのきし)とした。

    【日本書紀 巻第十四 雄略天皇十四年四月甲午朔条】