名前
  • 菟道磯津貝皇女【日本書紀】(うじのしつかいのひめみこ, うぢしつか
  • 兎道磯津貝皇女校異【日本書紀】(うじのしつかいのひめみこ, うぢしつか
  • 宇遲王【古事記】(うじのみこ, うぢ)宇遅王
  • 宇庭王校異【古事記】
  • 菟道皇女【日本書紀】(うじのひめみこ, うぢ
生年月日
( ~ 敏達天皇7年3月5日)
没年月日
(敏達天皇7年3月5日 ~ )
  • 敏達天皇びだつてんのう【日本書紀 巻第二十 敏達天皇四年正月甲子条】
  • 広姫ひろひめ【日本書紀 巻第二十 敏達天皇四年正月甲子条】
先祖
  1. 敏達天皇
    1. 欽明天皇
      1. 継体天皇
      2. 手白香皇女
    2. 石姫皇女
      1. 宣化天皇
      2. 橘仲皇女
  2. 広姫
    1. 息長真手王
出来事
  • 敏達天皇の皇女として生まれる。母は広姫

    【日本書紀 巻第二十 敏達天皇四年正月甲子条】
  • 敏達天皇7年3月5日

    伊勢の祠に侍るように命じられるも池辺皇子に犯されたことが露見して任を解かれる。

    【日本書紀 巻第二十 敏達天皇七年三月壬申条】