物部大臣

名前
  • 物部大臣【日本書紀】(もののべのおおおみ, もおほお
性別
男性
生年月日
( ~ 皇極天皇2年10月6日)
没年月日
(皇極天皇2年10月6日 ~ )
  • 蘇我蝦夷そがのえみし【日本書紀 巻第二十四 皇極天皇二年十月壬子条】
先祖
  1. 蘇我蝦夷
    1. 蘇我馬子
      1. 蘇我稲目
      2. unknown
    2. 太媛
      1. 物部尾輿
      2. 阿佐姫
  2. unknown
出来事
  • 皇極天皇2年10月6日

    蘇我大臣蝦夷が病を理由として参朝せず、密かに紫冠を子の入鹿に授けて大臣の位に擬えた。
    またその弟入鹿の弟。または蝦夷の弟か。蝦夷の弟であれば倉麻呂が候補か。を物部大臣と呼んだ。
    大臣物部大臣を指すと思われる。の祖母は物部弓削大連の妹である。それで母方。の財に因って威を世に振るった。

    【日本書紀 巻第二十四 皇極天皇二年十月壬子条】
  • 皇極天皇4年6月12日

    蘇我入鹿が殺害される。

    【日本書紀 巻第二十四 皇極天皇四年六月戊申条】
  • 皇極天皇4年6月13日

    蘇我蝦夷が自害する。

    【日本書紀 巻第二十四 皇極天皇四年六月己酉条】
    • 皇極天皇4年6月12日

      豊浦大臣の子孫らが全て滅ぼされる。

      蘇我蝦夷の子とすればこの日に殺されたことになる。
      【上宮聖徳法王帝説】
関連