竹葉瀬

名前
  • 竹葉瀨【日本書紀】(たかはせ)竹葉瀬
  • 多奇波世君【新撰姓氏録抄】(たかはせ
キーワード
  • 上毛野君(かみつけののきみ)【日本書紀 巻第十一 仁徳天皇五十三年五月条】
  • 後裔は左京上毛野朝臣(かみつけののあそみ)・左京住吉朝臣(すみのえのあそみ)・左京池原朝臣(いけはらのあそみ)・左京桑原臣(くわばらのおみ)校異:桑原公、桑原朝臣・左京川合公(かわいのきみ)・左京商長首(あきおさのおびと)【新撰姓氏録抄 当サイトまとめ】
生年月日
( ~ 仁徳天皇53年5月30日)
没年月日
(仁徳天皇53年5月1日 ~ )
  • 荒田別命あらたわけのみこと【新撰姓氏録抄 第一帙 第九巻 河内国皇別 止美連条, 日本書紀 巻第十一 仁徳天皇五十三年五月条】
先祖
  1. 荒田別命
出来事
  • 仁徳天皇53年5月

    仁徳天皇は竹葉瀬を遣わして新羅が朝貢しないことを問うた。
    その途上で白鹿を捕えたので、帰還して天皇に献上した。

    さらにまた日を改めて出発した。
    しばらくして竹葉瀬の弟の田道を重ねて遣わした。
    そして「もし新羅が抵抗したら、兵を挙げて討て」と詔して精兵を授けた。

    新羅は兵を起こして防いだ。新羅人は毎日戦いを挑んだ。
    田道は守りを固くしてそこから出なかった。

    時に新羅の軍卒一人が陣営の外に出たので捕えた。
    そして様子を尋ねると、「力の強い人がいて、百衝といいます。身軽で速く、勇猛です。つねに軍の右前鋒にいるので、左を攻めれば敗れるでしょう」と答えた。

    時に新羅は左を空けて右に備えた。
    田道は精鋭の騎馬を連ねて、その左を攻めると新羅軍は潰走した。
    勢いに乗じて攻め、数百人を殺した。
    そして四つの邑の人民を捕虜として帰還した。

    【日本書紀 巻第十一 仁徳天皇五十三年五月条】
関連
  • 弟:田道たじ【日本書紀 巻第十一 仁徳天皇五十三年五月条】
  • 五世祖:豊城入彦命とよきいりひこのみこと【新撰姓氏録抄 第一帙 第三巻 左京皇別下 上毛野朝臣条】
  • 三世孫:久比くひ【新撰姓氏録抄 第一帙 第三巻 左京皇別下 商長首条】
  • 子孫:努賀君ぬかのきみ【新撰姓氏録抄 第一帙 第三巻 左京皇別下 上毛野朝臣条】