名前
  • 月讀命【古事記】(つく, つ)月読命
  • 月神【日本書紀】(つ)月神
  • 月弓尊【日本書紀】(つくゆ, つ
  • 月夜見尊【日本書紀】(つく, つ
  • 月讀尊【日本書紀】(つく, つ)月読尊
  • 伊奘諾尊いざなきのみこと【日本書紀 巻第一 神代上第五段】
  • 伊奘冉尊いざなみのみこと【日本書紀 巻第一 神代上第五段】
先祖
  1. 伊奘諾尊
  2. 伊奘冉尊
称号・栄典とても広〜い意味です。
  • 伊勢斎大神いせにいつきまつるおおかみ【先代旧事本紀 巻第一 陰陽本紀】
出来事
  • 月の神として伊奘諾尊伊奘冉尊より生まれる。
    日に次ぐ光り麗しい姿だったために、日に並んで天上に挙げられる。

    【日本書紀 巻第一 神代上第五段】
    • 伊奘諾尊が右手に白銅鏡を持った際に生まれる。
      直前に生まれた大日孁貴と共に天地を治めるように命じられる。

      【日本書紀 巻第一 神代上第五段 一書第一】
    • 泉津平坂(よもつひらさか)から帰った伊奘諾尊が、筑紫(つくし)日向(ひむか)小戸(おど)(たちばな)檍原(あわきはら)で禊祓いをした際、右目を洗った時に生まれ、青海原の潮の八百重を治めることを命じられる。

      【日本書紀 巻第一 神代上第五段 一書第六】
    • 伊奘諾尊は三子に「天照大神高天之原(たかまのはら)を治めなさい。月夜見尊は日に並んで天の事を治めなさい。素戔嗚尊は青海原を治めなさい」と言って、任せた。
      既に天照大神は天上に居て言うには、「葦原中国(あしはらのなかつくに)には保食神がいると聞く。月夜見尊が行って確認しなさい」と。
      月夜見尊は命を受けて降った。そして保食神のもとに着いた。保食神は首を回して国を向かって、口から米の飯を出した。また海に向かって、大小の魚を口から出した。また山に向かって、毛皮の動物を口から出した。その品々全てを準備して、沢山の机に置いてもてなした。このとき月夜見尊は憤然として色をなして言うには「穢らわしい。卑しい。どうして口から吐いた物を、あえて私をもてなそうとするのか」と。そして剣を抜いて撃ち殺した。この後に復命して、詳しくその事を話した。天照大神は激怒して「あなたは悪い神だ。見たくもない」と言って、月夜見尊と、昼と夜に隔て離れて住んだ。

      【日本書紀 巻第一 神代上第五段 一書第十一】
    • 黄泉国から帰った伊邪那岐命が、竺紫(つくし)日向(ひむか)(たちばな)小門(おど)阿波岐原(あわきはら)で禊払いをした際、右目を洗った時に生まれる。

      伊邪那伎命は大いに喜び、「私は子を生みに生み、生みの最後に三柱の貴い子を得た」と言った。そして首飾りの玉の緒をゆらゆらさせると、天照大御神に賜り、「お前は高天原を治めよ」と言って任せた。次に月読命に「お前は夜の世界を治めよ」と言って任せた。次に建速須佐之男命に「お前は海原を治めよ」と言って任せた。

      【古事記 上巻】