名前
  • 香香背男【日本書紀】(かかせお, かかせを)
  • 天津甕星【日本書紀】(あまつかほし, あまつかぼし)
  • 天香香背男【日本書紀】(あめのかかせお, あかかせを, あまのかかせお, あまかかせを)
キーワード
  • 星神【日本書紀 巻第二 神代下第九段 一云】
出来事
  • 高皇産霊尊に葦原中国の平定を命じられた経津主神武甕槌神は、邪神及び草・木・岩の類を誅して、全て平らげた。従わない者は、星神の香香背男のみとなった。そこで倭文神建葉槌命を遣わして服従させた。

    【日本書紀 巻第二 神代下第九段 一云】
    • 天神は経津主神武甕槌神を遣わして、葦原中国(あしはらのなかつくに)を平定させた。
      時に二神が言うには、「天に悪い神がいて、名を天津甕星。またの名を天香香背男といいます。どうか先にこの神を誅した後に、葦原中国を平定させてください」と。

      【日本書紀 巻第二 神代下第九段 一書第二】