名前
  • 火焰皇子【日本書紀】(ほのおのみこ, ほ)火焔皇子
  • 火穗王【古事記】(ほのおのみこ, ほ)火穂王
  • 火焰王【新撰姓氏録】(ほのおのみこ, ほ)火焔王
  • 火焰親王【新撰姓氏録】(ほのおのみこ, ほ)火焔親王
キーワード
  • 椎田君(しいだのきみ)之先【日本書紀 巻第十八 宣化天皇元年三月己酉条】
  • 志比陀君(しいだのきみ)之祖【古事記 下巻 宣化天皇段】
  • 偉那君(いなのきみ)【先代旧事本紀 巻第九 帝皇本紀 宣化天皇紀末段】
  • 後裔は右京為名真人(いなのまひと)・摂津国為奈真人(いなのまひと)・摂津国川原公(かわはらのきみ)「天智天皇の御世に、居住地により川原公の姓を賜る」とある。【新撰姓氏録 当サイトまとめ】
生年月日
( ~ 天智天皇10年12月3日)
没年月日
(天智天皇7年1月3日 ~ )
  • 宣化天皇せんかてんのう【日本書紀 巻第十八 宣化天皇元年三月己酉条】
  • 大河内稚子媛おおしこうちのわくごひめ【日本書紀 巻第十八 宣化天皇元年三月己酉条】
先祖
  1. 宣化天皇
    1. 継体天皇
      1. 彦主人王
      2. 振媛
    2. 目子媛
      1. 尾張草香
  2. 大河内稚子媛
出来事
  • 宣化天皇の皇子として生まれる。母は大河内稚子媛

    【日本書紀 巻第十八 宣化天皇元年三月己酉条】
  • (天智天皇7年1月3日 ~ 天智天皇10年12月3日)

    天智天皇の御世に、居住地により川原公(かわはらのきみ)の姓を賜る。