身狭青

名前
  • 氏(ウジ):身狹【日本書紀】(むさ)身狭
  • 姓(カバネ):村主【日本書紀】(すぐり)
  • 名:靑【日本書紀】(あお, あを)青
生年月日
( ~ 雄略天皇8年2月30日)
没年月日
(雄略天皇14年1月13日 ~ )
出来事
  • 雄略天皇8年2月

    雄略天皇は身狭村主青・桧隈民使博徳(くれ)国に遣わした。

    【日本書紀 巻第十四 雄略天皇八年二月条】
  • 雄略天皇10年9月4日

    身狭村主青らが(くれ)が献じた二羽の鵞鳥を連れて筑紫に至った。
    この鵞鳥が水間君の犬に喰い殺された。
    水間君は恐れ憂えて黙っていられずに(おおとり)十羽と養鳥人(とりかい)を献じて罪を贖うことを願った。
    雄略天皇はこれを許した。

    【日本書紀 巻第十四 雄略天皇十年九月戊子条】
    • 鵞鳥は筑紫嶺県主泥麻呂の犬に喰い殺された。

      【日本書紀 巻第十四 雄略天皇十年九月戊子条 別本云】
  • 雄略天皇12年4月4日

    桧隈民使博徳と共に(くれ)国に派遣される。

    【日本書紀 巻第十四 雄略天皇十二年四月己卯条】
  • 雄略天皇14年1月13日

    (くれ)国の使いと共に、呉が献じた手末才伎(たなすえのてひと)漢織呉織衣縫(きぬぬい)兄媛弟媛らを率いて住吉津(すみのえのつ)に泊まった。

    【日本書紀 巻第十四 雄略天皇十四年正月戊寅条】