菟狭津彦

名前
  • 菟狹津彥【日本書紀】(うさつ)菟狭津彦
  • 宇沙都比古【古事記】(うさつ)宇沙都比古
  • 宇佐都彥命【先代旧事本紀】(うさつ)宇佐都彦命
キーワード
  • 菟狭国造【日本書紀 巻第三 神武天皇即位前紀 甲寅年十月辛酉条】
性別
男性
生年月日
( ~ 甲寅年10月5日)
没年月日
(神武天皇元年1月1日 ~ )
称号・栄典
  • 宇佐国造うさのくにのみやつこ【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 宇佐国造条】
出来事
  • 甲寅年10月5日

    神武天皇の東征の際に、菟狭津媛と共に、筑紫国の菟狭(うさ)の川上に一柱騰宮(あしひとつあがりのみや)を造ってもてなす。

    【日本書紀 巻第三 神武天皇即位前紀 甲寅年十月辛酉条】
    • 宇沙都比売と共に、豊国(とよのくに)宇沙(うさ)にて足一騰宮(あしひとつあがりのみや)を作り、大御饗(おおみあえ)を献上する。

      【古事記 中巻 神武天皇段】
  • (神武天皇元年 ~ 神武天皇76年3月11日)

    橿原朝の御世に宇佐国造を賜る。

    【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 宇佐国造条】
関連
  • 二世祖:高魂尊たかみむすひのみこと【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 宇佐国造条】
  • 菟狭国造うさのくにのみやつこ【日本書紀 巻第三 神武天皇即位前紀 甲寅年十月辛酉条】