名前
  • 氏(ウジ):中臣宮地【日本書紀】(なかとみ
  • 姓(カバネ):連【日本書紀】(むらじ)連
  • 名:烏摩侶【日本書紀】(おまろ, をま
  • 名:磨呂【日本書紀】(ま
生年月日
( ~ 推古天皇16年6月15日)
没年月日
(推古天皇20年2月20日 ~ )
出来事
  • 推古天皇16年6月15日

    掌客(まらうとのつかさ)接待係。として大河内直糠手船史王平らと共に隋の客人裴世清らを難波津で出迎える。

    【日本書紀 巻第二十二 推古天皇十六年六月丙辰条】
  • 推古天皇20年2月20日

    皇太夫人堅塩媛桧隈大陵(ひのくまのおおみささぎ)に改葬される。

    この日に(かる)の街中で(しのびごと)を奏上した。
    第一に阿倍内臣鳥が天皇の言葉を誄して霊に供え物をした。明器(みけもの)明衣(みけし)の類一万五千種である。
    第二に諸皇子らが順に誄した。
    第三に中臣宮地連烏摩侶が大臣の言葉を誄した。
    第四に大臣が多数の支族を率いて、境部臣摩理勢氏姓のもと堅塩媛は蘇我氏。を誄させた。
    時の人が云うには「摩理勢・烏摩侶の二人の誄はよかった。ただ鳥臣の誄はよくなかった」と。

    【日本書紀 巻第二十二 推古天皇二十年二月庚午条】