名前
  • 活津彥根命【日本書紀】(いくつ)活津彦根命
  • 活目津彥根命【日本書紀】(いく)活目津彦根命
  • 活津日子根命【古事記】(いくつ
  • 天照大神あまてらすおおみかみ生んだのは素戔嗚尊だが、天照大神の八坂瓊の五百箇の御統を使用して生まれたので、天照大神の子としている。【日本書紀 巻第一 神代上第六段】
先祖
  1. unknown
  2. 天照大神
    1. 伊奘諾尊
    2. 伊奘冉尊
出来事
  • 素戔嗚尊が、天照大神八坂瓊(やさかに)五百箇御統(いおつのみすまる)天真名井(あめのまない)に濯いで、カリカリと噛んで吹き出した息吹の細かい霧から生まれる。
    八坂瓊の五百箇御統は、天照大神から借りた物なので、天照大神の子とした。

    【日本書紀 巻第一 神代上第六段】
    • 素戔嗚尊が、頸にかけていた五百箇御統(いおつのみすまる)(たま)を、天渟名井(あめのぬない)(またの名は去来之真名井(いざのまない))で濯いで食べた際に生まれる。

      【日本書紀 巻第一 神代上第六段 一書第一】
    • 素戔嗚尊天真名井(あめのまない)に浮かべた剣の先を食い切り、吹き出した息吹の中から生まれる。

      【日本書紀 巻第一 神代上第六段 一書第二】
    • 素戔嗚尊の右腕の中から生まれる。

      日神素戔嗚尊がはじめから清い心があると知って、自分の子として、天原を治めさせた。

      【日本書紀 巻第一 神代上第六段 一書第三】
    • 素戔嗚尊が右の瓊を嚙んで、右の掌に置いた時に生まれる。

      【日本書紀 巻第一 神代上第七段 一書第三】
    • 速須佐之男命が、天照大御神から左手の八尺勾璁(やさかのまがたま)五百津(いおつ)御統(みすまる)の珠を受け取り、嚙みに嚙んで吐き出した息吹の霧から生まれる。

      【古事記 上巻】
    • 右の御髻の玉を含み、右の臂に付けた際に生まれる。

      【先代旧事本紀 巻第二 神祇本紀】