天之御中主神

名前
  • 天之御中主神【古事記】(あなかぬし, あまなかぬし)天之御中主神
  • 天御中主尊【日本書紀】(あなかぬし, あまなかぬし
  • 天御中主神【古語拾遺】(あなかぬし, あまなかぬし)天御中主神
  • 天御中主命【新撰姓氏録抄】(あなかぬし, あまなかぬし
キーワード
  • 天地開闢
称号・栄典
  • 別天神ことあまつかみ【古事記 上巻】
出来事
  • 高天原に独神として生まれ、身を隠した。別天神という。

    【古事記 上巻】
    • 天地が初めて分かれたときに、高天原に最初に誕生する。

      【日本書紀 巻第一 神代上第一段 一書第四】
    • 天地が分かれる初め、天の中に生まれる。

      【古語拾遺 神代段】
    • 神世七代の一代目として、可美葦牙彦舅尊と共に誕生する。

      【先代旧事本紀 巻第一 神代系紀】
関連
  • 十世孫:天諸神命あめのもろかみのみこと【新撰姓氏録抄 第二帙 第十七巻 大和国神別 天神 御手代首条】
  • 十一世孫:天御桙命あめのみほこのみこと【新撰姓氏録抄 第二帙 第十七巻 大和国神別 天神 服部連条】
  • 子孫?:阿比良命あひらのみこと【新撰姓氏録抄 第二帙 第十七巻 大和国神別 天神 御手代首条, 新撰姓氏録抄 第二帙 第十九巻 河内国神別 天神 神人条】