色鳴宿禰

名前
  • 色鳴宿禰【新撰姓氏録抄】(しすくね)
  • 色鳴【新撰姓氏録抄】(しめ)
  • 丹比連【新撰姓氏録抄】(たじひのむらじ, たぢむらじ)丹比連
生年月日
( ~ 仁徳天皇87年1月16日)
没年月日
(仁徳天皇元年1月3日 ~ )
  • 御殿宿禰みとののすくね【新撰姓氏録抄 第二帙 第十五巻 右京神別下 天孫 丹比宿禰条】
先祖
  1. 御殿宿禰
出来事
  • (仁徳天皇元年1月3日 ~ 仁徳天皇87年1月16日)

    大鷦鷯天皇の御世、皇子瑞歯別尊が淡路宮で誕生した時、淡路の瑞井の水を御湯とした。
    この時に虎杖の花が散って御湯の盆の中に入った。
    色鳴宿禰は天神寿詞を称えて多治比瑞歯別命の名を奉った。
    すなわち丹治部(たじべ)を諸国に定めて皇子の湯沐邑(ゆあびのところ)とした。そして色鳴(みこともち)として丹比部(たじひべ)の戸を治めさせた。
    それで丹比連(たじひのむらじ)と名付け、遂には氏姓となった。

    その後の庚午年に新家を作るに依り、新家の二字を加えて丹比新家連(たじひのにいやのむらじ)とした。

    【新撰姓氏録抄 第二帙 第十五巻 右京神別下 天孫 丹比宿禰条】