紀麻利耆拕

このページは作成途上です

名前
  • 氏(ウジ):紀【日本書紀】
  • 姓(カバネ):臣【日本書紀】(お
  • 名:麻利耆拕【日本書紀】(まりた)
生年月日
( ~ 孝徳天皇2年3月19日)
没年月日
(孝徳天皇2年3月19日 ~ )
出来事
  • 大化2年3月19日

    朝集使によって、「人を朝倉君・井上君の二人の所にやり、その馬を引いて来させて品定めしたこと。また朝倉君に刀を作らせた。また朝倉君の弓・布を取った。また国造が送った武器に用いる物を、持主に返さずに妄りに国造に伝えた。また任国で刀を盗まれた。また(やまと)国でも刀を盗まれたこと」を報告されるが孝徳天皇により大赦される。

    【日本書紀 巻第二十五 大化二年三月辛巳条】
関連