名前
  • 櫛磐間戶命【古語拾遺】(くしいわまとのみこと, くしいはま, くしいわまどのみこと, くしいはま)櫛磐間戸命
  • 櫛磐間戶神【古語拾遺】(くしいわまとのかみ, くしいはま)櫛磐間戸神
  • 太玉命ふとたまのみこと【古語拾遺 神代段】
先祖
  1. 太玉命
    1. 高皇産霊神
  2. unknown
出来事
  • 天照大神天石窟(あめのいわや)から出た後、豊磐間戸命と共に、その殿門を守る。

    【古語拾遺 神代段】
  • 神武天皇は皇天二組の詔に従って神籬(ひもろき)を建てた。
    櫛磐間戸神・豊磐間戸神。以上の神は、今は御門の巫が斎い奉っている。

    【古語拾遺 神武天皇段】
関連