蘇我安麻呂

このページは作成途上です

名前
  • 蘇我安麻呂(そがのやすまろ)
  • 氏(ウジ):蘇賀【日本書紀】が)
  • 氏(ウジ):蘇我校異【日本書紀】が)
  • 姓(カバネ):臣【日本書紀】(お
  • 名:安麻侶【日本書紀】(やすま
  • 名:安摩侶【日本書紀】(やすま
性別
男性
生年月日
( ~ 天智天皇10年10月17日)
没年月日
(天智天皇10年10月17日 ~ )
先祖
  1. 蘇我連
    1. 蘇我倉麻呂
      1. 蘇我馬子
      2. unknown
    2. unknown
  2. unknown
  • 石川石足いしかわのいわたり【母:不明】
出来事
  • 天智天皇10年10月17日

    天皇天智天皇。は病臥し重態であった。
    そこで蘇賀臣安麻侶を遣わし、東宮大海人皇子。後の天武天皇。を呼んで大殿に引き入れた。
    安摩侶はもとより東宮に好かれていた。
    密かに東宮を顧みて「注意してご発言なさいませ」と言った。東宮は陰謀があることを疑って慎んだ。

    【日本書紀 巻第二十八 天武天皇即位前紀 天智天皇即位四年十月庚辰条】