名前
  • 高表仁【日本書紀】(こうひょうじん, かうへうじん)
出来事
  • ・・・
    • 632年(8月21日 ~ 9月19日)

      大唐が高表仁を遣わして三田耜を送らせた。共に対馬に泊った。
      この時に学問僧の霊雲僧旻、及び勝鳥養、新羅の送使らが従った。

      【日本書紀 巻第二十三 舒明天皇四年八月条】
  • ・・・
    • 632年11月21日

      唐国の使人高表仁らが難波津(なにわのつ)に着いた。
      大伴連馬養を遣わして江口に迎えさせた。
      船三十二艘、及び(つづみ)(ふえ)旗幟(はた)を整飾した。
      そして高表仁らに告げて「天子が遣わされた使いが、天皇の朝廷においでになると聞いてお迎えに参りました」と言った。
      高表仁は「風が吹き荒れる日に、整飾された船でお迎え賜り、喜びかつ恐縮に存じます」と答えた。

      難波吉士小槻大河内直矢伏に先導させて館の前に案内し、伊岐史乙等難波吉士八牛を遣わして客を館に入らせた。
      その日に神酒を賜った。

      【日本書紀 巻第二十三 舒明天皇四年十月甲寅条】
  • ・・・
    • 633年3月11日

      大唐の客高表仁らが帰国した。
      送使の吉士雄摩呂黒麻呂らは対馬まで送って帰還した。

      【日本書紀 巻第二十三 舒明天皇五年正月甲辰条】