名前
  • 八色雷公【日本書紀】(やくさのいかずち, やくさいかづち)
  • 八雷神【古事記】(やはしらのいかずちがみ, やはしらいかづちが
出来事
  • 伊邪那岐命は妻の伊邪那美命を見たいと思い、追って黄泉国に行った。御殿の戸から出迎えてくれたときに、伊邪那岐命は「愛する我が妻よ。私とお前が作る国はまだ作り終わっていない。だから帰ろう」と言った。しかし伊邪那美命が答えて言うには「悔しいです。来て下さるのが遅かったのです。私は黄泉の食物を口にしました。しかし愛する我が夫が訪れて下さったことは恐れ多いこと。だから帰りたい思いを黄泉の神にお話ししてみますが、決して私を見てはなりません」と。このように話してその御殿の内に入ったが、その間がとても長く、待ちきれなくなった。そこで左の角髪(みずら)に挿した湯津津間櫛(ゆつつまぐし)の端の太い歯を一本折り、一つ火を灯して入り見た。すると蛆がたかっており、体は腐り溶けていた。頭には大雷(おおいかずち)がおり、胸には火雷(ほのいかずち)がおり、腹には黒雷(くろいかずち)がおり、陰部には拆雷(さくいかずち)がおり、左手には若雷(わかいかずち)がおり、右手には土雷(つちいかずち)がおり、左足には鳴雷(なりいかずち)がおり、右足には伏雷(ふしいかずち)がおり、合わせて八柱の雷神が成り出ていた。

    【古事記 上巻】
    • 伊奘諾尊はその妻を見たいと思って、殯の場所にやって来た。このとき伊奘冉尊は生前と同じように出迎えて共に語った。伊奘諾尊が言うには「我が夫君尊(なせのみこと)。どうか私を御覧にならないでください」と。言い終わると突然見えなくなった。この時は暗闇だったので、伊奘諾尊は一つ火を灯して見た。
      伊奘冉尊はひどく膨れ上がっていた。上には八色雷公があった。伊奘諾尊は驚いて走って帰った。このとき雷たちが皆立ち上がって追って来た。そのとき道のそばに大きな桃の樹があった。それで伊奘諾尊はその樹の下に隠れた。そしてその実を採って雷に投げた。雷たちは走って逃げた。これが桃を用いて鬼を避ける由縁である。

      八つの雷というのは、首にあるのは大雷(おおいかずち)という。胸にあるのは火雷(ほのいかずち)という。腹にあるのは土雷(つちのいかずち)という。背にあるのは稚雷(わかいかずち)という。尻にあるのは黒雷(くろいかずち)という。手にあるのは山雷(やまつち)という。足の上にあるのは野雷(のつち)という。陰部の上にあるのは裂雷(さくいかずち)という。

      【日本書紀 巻第一 神代上第五段 一書第九】
    • 伊奘冉尊はひどく脹れて、膿がわいて蛆が集っていた。その上には八つの(いかずち)があった。
      頭にいるのは大雷(おおいかずち)。胸にいるのは火雷(ほのいかずち)。腹にいるのは黒雷(くろいかずち)。陰部にいるのは裂雷(さくいかずち)。左手にいるのは稚雷(わかいかずち)。右手にいるのは土雷(つちいかずち)。左足にいるのは鳴雷(なりいかずち)。右足にいるのは伏雷(ふしいかずち)である。
      伊奘諾尊は大いに驚いて、「私は思いがけず、ひどく穢れた国にやって来た」と言った。

      後に伊奘冉尊は、その八雷神に千五百の黄泉軍を副えて追わせた。そこで伊奘諾尊は佩いていた 十握剣とつかのつるぎを抜いて後ろ手に振りながら逃げた。伊奘諾尊は大樹に向かって放尿した。これが巨大な川となった。泉津日狭女がその川を渡ろうとする間に、伊奘諾尊黄泉平坂(よもつひらさか)に逃げ着いた。そして桃の木に隠れて、その桃の実を三つ採って待ち撃つと、黄泉の雷の軍は全て逃げ帰った。およそ桃を用いて鬼を避けるのは、これがそのもとである。

      【先代旧事本紀 巻第一 陰陽本紀】
関連