名前
  • 前部施德曰佐分屋【日本書紀】(ぜんほうせとくおさぶんおく, ぜんほうせとくをさぶんをく)前部施徳曰佐分屋
  • 前部施德日佐分屋校異【日本書紀】(ぜんほうせとくひさぶんおく, ぜんほうせとくひさぶんをく)前部施徳日佐分屋
生年月日
( ~ 554年2月26日)
没年月日
(554年2月26日 ~ )
出来事
  • 554年2月26日

    百済中部木刕施徳文次・前部施徳曰佐分屋らを筑紫に遣わして、内臣・佐伯連らに言うには「徳率次酒杆率塞敦らが去年の閏月の四日に参りましたときに『「臣らとは内臣をいう」とある。らは来年の正月に行くであろう』と仰りましたが確かではありません。お越しになるのでしょうか。また軍の数はどれ程でしょうか。少しでも話を聞いて予め陣営を設置したいと思っております」と。

    また別に言うには「畏き天皇の詔を承り、筑紫に詣でて賜る軍を見送ることの喜びは他と比べようがございません。今年の役は以前より甚だ危険でございますので、どうか軍の派遣は正月に間に合うようにお願い申し上げます」と。

    内臣は勅を承って「すぐに援軍の数一千・馬一百疋・船四十隻を遣わす」と返答した。

    【日本書紀 巻第十九 欽明天皇十五年正月丙申条】