闇御津羽神

名前
  • 闇御津羽神【古事記】(くらつは)闇御津羽神
  • 闇罔象【日本書紀】(くらつは)
先祖
  1. 天之尾羽張
出来事
  • 伊邪那岐命十拳剣(とつかのつるぎ)迦具土神の頸を斬り、刀の柄に付いた血が溜まり、手から漏れ出て際に化生する。
    斬った刀の名は天之尾羽張という。またの名を伊都之尾羽張という。

    【古事記 上巻】
    • 伊奘諾尊軻遇突智を斬った剣の柄頭から滴る血がそそいで化生する。

      【日本書紀 巻第一 神代上第五段 一書第六】