名前
  • 干食王后【法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘】(かしわでのきさき, かしはできさき)
  • 菩岐々美郞女写本「菩岐々𫟈郞」(𫟈は美の異体字)と「兒㫪米女王女」(㫪は舂の異体字)の間が失われている。「生」を異筆追記してあるが「女生」が正しいか。【上宮聖徳法王帝説】(ほいらつ)菩岐々美郎女
  • 菩支々彌女郞【聖徳太子平氏伝雑勘文】(ほいらつ)菩支々弥女郎
  • 膳大刀自【上宮聖徳法王帝説】(かしわでのおおとじ, かしはでおほじ)
  • 膳夫人【上宮聖徳法王帝説】(かしわでのおおとじ, かしはでおほじ)
  • 食菩支々彌女郞【聖徳太子平氏伝雑勘文】(かしわでのほききみのいらつめ, かしはでいらつ)食菩支々弥女郎
没年月日
推古天皇30年2月21日
先祖
  1. 膳部加多夫古
  2. unknown
配偶者
  • 上宮法皇かみつみやののりのみこ聖徳太子しょうとくたいし【法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘, 上宮聖徳法王帝説】
  • 舂米女王つきしねのひめみこ【上宮聖徳法王帝説】【父:聖徳太子しょうとくたいし
  • 長谷王はつせのみこ【上宮聖徳法王帝説】【父:聖徳太子しょうとくたいし
  • 久波太女王くはたのひめみこ【上宮聖徳法王帝説】【父:聖徳太子しょうとくたいし
  • 波止利女王はとりのひめみこ【上宮聖徳法王帝説】【父:聖徳太子しょうとくたいし
  • 三枝王さきくさのみこ【上宮聖徳法王帝説】【父:聖徳太子しょうとくたいし
  • 伊止志古王いとしこのみこ【上宮聖徳法王帝説】【父:聖徳太子しょうとくたいし
  • 麻呂古王まろこのみこ【上宮聖徳法王帝説】【父:聖徳太子しょうとくたいし
  • 馬屋古女王うまやこのひめみこ【上宮聖徳法王帝説】【父:聖徳太子しょうとくたいし
子孫
  1. 舂米女王
    1. 難波麻呂古王
    2. 麻呂古王
    3. 弓削王
    4. 佐々女王
    5. 三島女王
    6. 甲可王
    7. 尾治王
  2. 泊瀬仲王
    1. 葛城王
    2. 多智奴女王
    3. 蜂子皇子
    4. 錦代皇女
  3. 久波太女王
  4. 波止利女王
  5. 三枝王
  6. 伊止志古王
  7. 麻呂古王
  8. 馬屋古女王
出来事
  • 法興崇峻天皇四年を元年とする年号。元丗一年、辛巳年十二月推古天皇29年12月。鬼前太后が崩じた。
    明くる年の正月廿二日推古天皇30年1月22日。上宮法皇が病に枕した。
    干食王后も看病に労して倒れてしまった。
    時に王后・王子たち及び諸臣は深く愁毒を懐き、共に発願して「仰いで三寳に依り、まさに王身の寸法の釈像を造るべきである。この願力を蒙り、病を転じて寿を延べ、世間に安住しますように。もしこれが定業にして世に背くのであれば、浄土に登り、早く妙果に昇りますように」と。

    【法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘】
  • 推古天皇30年2月21日

    即世する。

    【法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘】
    • 歌に証して曰く、

      ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()()()()()


      この歌は、膳夫人が臥病して、まさに没する時に水を乞うた。
      しかし聖王は許さず、遂に夫人は卒した。
      聖王(しのびごと)知恩院本は「誅」とするが「誄」に改めた。してこの歌を詠んだ。即ちその証である。

  • 推古天皇30年2月22日

    上宮法皇が登遐する。

    【法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘】