真根子

名前
  • 眞根子校異に壱伎直祖真根子を壱伎直真根子とするものあり。【日本書紀】(まね)真根子
キーワード
  • 壱伎直(いきのあたい)【日本書紀 巻第十 応神天皇九年四月条】
没年月日
応神天皇9年4月
出来事
  • 応神天皇9年4月

    応神天皇武内宿禰筑紫(つくし)に遣わして、百姓を監察させた。

    時に武内宿禰の弟の甘美内宿禰が兄を除こうとした。
    そして天皇に讒言して「武内宿禰は常に天下を望む心があります。今聞いた話では筑紫で密かに謀り、『筑紫を裂き、三韓を招いて自分に従わせれば天下を取れる』と言っているようです」と。
    すると天皇はすぐに使いを遣わして、武内宿禰を殺すよう命じた。
    武内宿禰は歎いて「私に二心は無く、忠をもって君にお仕えしている。これは何の禍なのか。罪も無く死ぬのだろうか」と言った。

    ここに真根子という者がいて、その姿が武内宿禰によく似ていた。
    武内宿禰が無罪で空しく死ぬのを惜しみ、武内宿禰に語って言うには「大臣武内宿禰のことを指す。が忠をもって君に仕え、汚い心など無いことは天下が知っています。どうか密かに朝廷に参り、自ら罪の無いことを弁明してください。その後に死んでも遅くはありません。人は常々、『お前の姿は大臣に似ている』と言います。私が大臣の代わりに死んで、大臣の丹心を明かにします」と。
    そして剣をあてて自ら死んだ。

    【日本書紀 巻第十 応神天皇九年四月条】