名前
  • 氏(ウジ):凡河內【日本書紀】(おおしこうち, おほしかふち)凡河内
  • 姓(カバネ):直【日本書紀】(あたい, あた
  • 名:香賜【日本書紀】かたぶ香賜。此云舸拕夫。
没年月日
雄略天皇9年2月1日
出来事
  • 雄略天皇9年2月1日

    雄略天皇は凡河内直香賜と采女を遣わして胸方神を祀らせた。
    香賜は壇所に行って事を行うときにその采女を犯した。
    天皇はこれを聞いて「神を祀って福を祈るには慎まなければならない」と言った。
    そして難波日鷹吉士を遣わして殺させた。
    この時に香賜はすでに逃亡していた。
    天皇はまた弓削連豊穂を遣わして普く国・郡・県を探させて、遂に三島郡(みしまのこおり)藍原(あいはら)で捕えて斬った。

    【日本書紀 巻第十四 雄略天皇九年二月甲子朔条】