天迦久神

名前
  • 天迦久神【古事記】(あかく, あまかく)天迦久神
  • 天迦具神【先代旧事本紀】(あかぐ, あまかぐ)天迦具神
出来事
  • 天照大御神大国主神のもとに遣わす神を求めた。
    思金神と諸神が言うには、「天安河(あめのやすのかわ)の河上の天石屋(あめのいわや)におられる、名は伊都之尾羽張神。これを遣わすのが良いでしょう。もしこの神でなければ、その神の子の建御雷之男神を遣わすのが良いでしょう。またその天尾羽張神は、天安河の水を逆に塞き上げ、道を塞いでおりますので、他の神は道を行かれないでしょう。そこで別に天迦久神を遣わして尋ねるのが良いでしょう」と。それで天迦久神を遣わして天尾羽張神に尋ねると、「畏まりました。お仕え致します。しかしこの道には我が子の建御雷神を遣わすのが良いでしょう」と答えた。

    【古事記 上巻】