名前
  • 鞍橋君【日本書紀】くらじ鞍橋。此云矩羅賦。
生年月日
( ~ 欽明天皇15年12月29日)
没年月日
(欽明天皇15年12月1日 ~ )
称号・栄典とても広〜い意味です。
  • 筑紫国造つくしのくにのみやつこ【日本書紀 巻第十九 欽明天皇十五年十二月条】
出来事
  • 欽明天皇15年12月

    百済の余昌は新羅軍に囲まれて脱出できなかった。兵は慌てて成す術を知らなかった。
    弓の名人に筑紫国造という者がいた。進み出て弓を引き、狙いを定め、新羅の騎卒で最も勇壮な者を射落とした。
    発した矢の鋭いことは、鞍の前後の(くらぼね)を射抜いて(よろい)の襟に及んだ。
    また続けて発した矢は雨の如く激しさを増して止まらず、包囲していた軍は退却した。

    これにより余昌及び諸将らは間道より逃げ帰ることが出来た。
    余昌は国造の射撃で包囲軍を退却させたことを讃え、尊んで鞍橋君と名付けた。

    【日本書紀 巻第十九 欽明天皇十五年十二月条】