宮主宅媛

名前
  • 宮主宅媛【日本書紀】やぬしやか
  • 宮主矢河枝比賣【古事記】(みやぬしやかわえひめ, やぬしやかは𛀁)宮主矢河枝比売
  • 宮主矢阿枝比賣校異【古事記】宮主矢阿枝比売
  • 矢河枝比賣【古事記】(やかわえひめ, やかは𛀁)矢河枝比売
性別
女性
生年月日
( ~ 応神天皇2年4月3日)
没年月日
(応神天皇2年4月3日 ~ )
  • 日触使主ひふれのおみ【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条】
先祖
  1. 日触使主
  2. unknown
配偶者
  • 応神天皇おうじんてんのう【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条】
  • 菟道稚郎子皇子うじのわかいらつこのみこ【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条】【父:応神天皇おうじんてんのう
  • 矢田皇女やたのひめみこ八田皇女やたのひめみこ【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条】【父:応神天皇おうじんてんのう
  • 雌鳥皇女めとりのひめみこ【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条】【父:応神天皇おうじんてんのう
出来事
  • ( ~ 応神天皇2年4月3日)日本書紀では三月庚戌朔壬子。先代旧事本紀では四月庚戌朔壬子。暦の流れに合う四月を採用。【先代旧事本紀 巻第八 神皇本紀 応神天皇二年四月壬子条】

    応神天皇の妃となる。

    【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条】
    • ある時、天皇が近淡海国(ちかつおうみのくに)近江に越えて行幸する時に、宇遅野(うじの)のあたりに立ち、葛野(かずの)を望んで歌を詠んだ。

      ()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()() ()()()()()()()


      それで木幡村(こはたのむら)に着いたとき、美しい少女にその辻で出会った。
      そして天皇がその少女に「お前は誰の子か」と問うと、「丸邇之比布礼能意富美(むすめ)で、名を宮主矢河枝比売と申します」と答えた。天皇はその少女に「私は明日帰るときに、お前の家に立ち寄ろうと思う」と言った。

      それで矢河枝比売は、このことを詳しく父に話した。
      この父は「その方は天皇でいらっしゃる。恐れ多いことだ。我が子よ。お仕え申し上げなさい」と言って、その家を厳かに飾って待った。
      翌日行幸した。
      それで食事を差し出すときに、女の矢河枝比売に酒盞(さかずき)を持たせて酒を献上させた。
      天皇はその大酒盞を持たせたままで歌を詠んだ。

      ()()()()() ()()()()()() ()()()()() ()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()() ()()()() ()()()()()() ()()()() 校異:波那美波志比斯那須伊知比韋能 ()()()()()() ()()()() ()()()()()()() ()()()() ()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()() ()()()()()()() ()()()() ()()()()()() ()()()()()()() ()()()() ()()()()()() ()()()()() ()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()()()()()

      こうして結婚して生まれた御子が宇遅能和紀郎子である。

      【古事記 中巻 応神天皇段】
  • 応神天皇40年1月24日

    菟道稚郎子が日嗣の御子となる。

    【日本書紀 巻第十 応神天皇四十年正月甲子条】
関連