名前
  • 小手子【日本書紀】
  • 古弖古郞女【聖徳太子平氏伝雑勘文】いらつ)古弖古郎女
生年月日
( ~ 崇峻天皇元年3月29日)
没年月日
(崇峻天皇元年3月1日 ~ )
  • 大伴糠手おおとものぬかて【日本書紀 巻第二十一 崇峻天皇元年三月条】
先祖
  1. 大伴糠手
配偶者
  • 崇峻天皇すしゅんてんのう【日本書紀 巻第二十一 崇峻天皇元年三月条】
  • 長谷部王はつせべのみこ【聖徳太子平氏伝雑勘文 下三 大宮太子御子孫并妃等事 上宮記下巻注云】
  • 波知乃古王はちのこのみこ【日本書紀 巻第二十一 崇峻天皇元年三月条, 聖徳太子平氏伝雑勘文 下三 大宮太子御子孫并妃等事 上宮記下巻注云】【父:崇峻天皇すしゅんてんのう
  • 錦代王にしきてのみこ【日本書紀 巻第二十一 崇峻天皇元年三月条, 聖徳太子平氏伝雑勘文 下三 大宮太子御子孫并妃等事 上宮記下巻注云】【父:崇峻天皇すしゅんてんのう
子孫
  1. 蜂子皇子
  2. 錦代皇女
出来事
  • 崇峻天皇元年3月

    崇峻天皇の妃となる。

    【日本書紀 巻第二十一 崇峻天皇元年三月条】
  • 崇峻天皇5年10月4日

    山猪の献上があった。
    天皇が猪を指差して「いつかこの猪の頸を斬るように、朕が憎いと思う人を斬ろう」と詔した。
    武器を多く備えて異常だった。

    【日本書紀 巻第二十一 崇峻天皇五年十月丙子条】
    • 大伴の(みめ)小手子が寵愛の衰えたことを恨み、人を遣わして蘇我馬子宿禰に言うには「この頃、山猪を献上する者がありました。天皇は猪を指差して『猪の頸を斬るように、いつか朕が思う人を斬りたい』と詔されました。また内裏に多くの武器を用意しています」と。
      馬子宿禰はこれを聞いて驚いた。

      【日本書紀 巻第二十一 崇峻天皇五年十一月乙巳条 或本云】