達率徳執得

名前
  • 逹率德執得【日本書紀】(たつそつとくしゅうとく, だちそちとくしふとく)達率徳執得
  • 執得【日本書紀】(しゅうとく, しふとく)
生年月日
( ~ 663年8月8日)
没年月日
(663年7月11日 ~ )
出来事
  • 663年(7月11日 ~ 8月8日)

    百済王豊璋福信に謀反の心ありと疑い、掌を穿って革で縛った。
    しかし自ら決すること難しく、為す術を知らなかった。
    そこで諸臣に「福信の罪はこのようであるが、斬るべきか否か」と問うた。すると達率徳執得が「この逆賊を許してはなりません」と言った。
    福信は執得に唾して「腐れ狗の馬鹿者め原文「腐狗癡奴」」と言った。
    王は兵士に斬らせて首を酢漬けにした。

    【日本書紀 巻第二十七 天智天皇二年六月条】