黒日売

名前
  • 黑日賣【古事記】(く)黒日売
  • 黑日賣命校異【古事記】(く)黒日売命
性別
女性
出来事
  • 仁徳天皇吉備海部直(きびのあまべのあたい)の女、名は黒日売が端正な容姿と聞くと、召し上げて使った。
    しかしその大后石之日売命の嫉妬に恐れて故郷に逃げ帰った。

    天皇は高殿でその黒日売が乗る船が海に浮かぶのを見て歌を詠んだ。

    ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()()()()()


    それで大后はこの御歌を聞いて大いに怒り、人を大浦に遣わして追い下ろさせると、歩かせて追放した。

    天皇は黒日売を恋しく思い、大后を欺いて「淡道島(あわじしま)を見たいと思う」と言って行幸した。
    淡道島で遥か遠くを眺めて歌を詠んだ。

    ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()() ()()()()()() ()()()()() ()()()()() ()()()()()()()


    そしてその島から伝って吉備国に行幸した。
    黒日売はその国の山畑の所に案内して大御飯(おおみけ)を献上した。
    そして熱い汁物を煮ようとして、その山畑の菘菜(あおな)を摘む時に、天皇がその少女が菜を摘んでいる所にやってきて歌を詠んだ。

    ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()()()()()()


    天皇が還幸する時に黒日売が御歌を献上した。

    ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()() ()()()()()()()

    また歌を読んだ。

    ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()()()()()

    【古事記 下巻 仁徳天皇段】