諱部作斯

名前
  • 氏(ウジ):諱部【古語拾遺】(いんべ, いむ
  • 氏(ウジ):齋部【古語拾遺】(いんべ, いむ)斎部
  • 姓(カバネ):首【古語拾遺】(おびと)
  • 名:作斯【古語拾遺】(さかし)
  • 名:作賀斯校異【古語拾遺】(さかし)
生年月日
( ~ 654年1月23日)
没年月日
(653年2月3日 ~ )
称号・栄典とても広〜い意味です。
  • 小花下しょうけげ【古語拾遺 孝徳天皇段】
出来事
  • (653年2月3日 ~ 654年1月23日)

    難波長柄豐前朝(なにわのながらのとよさきのみかど)に至り、白鳳四年、小花下諱部首作斯を祠官頭(かんづかさのかみ)に拝して、王族・宮内の礼儀・婚姻・卜筮を掌らせた。
    夏・冬の二つの季節の御卜の式はこの時に初めて起る。
    作斯の胤裔はその職を継がず、次第に衰えて今に至る。

    【古語拾遺 孝徳天皇段】