太姫郎姫

名前
  • 太姬郞姬【日本書紀】(ふいらつ)太姫郎姫
  • 大姬郞姬校異【日本書紀】(おおひめのいらつめ, おほいらつ)大姫郎姫
生年月日
( ~ 履中天皇6年2月1日)
没年月日
(履中天皇6年2月1日 ~ )
  • 鯽魚磯別王ふなしわけのおおきみ【日本書紀 巻第十二 履中天皇六年二月癸丑朔条】
先祖
  1. 鯽魚磯別王
配偶者
  • 履中天皇りちゅうてんのう【日本書紀 巻第十二 履中天皇六年二月癸丑朔条】
出来事
  • 履中天皇6年2月1日

    履中天皇鯽魚磯別王の女の太姫郎姫・高鶴郎姫を後宮に召し入れて(みめ)とした。

    この二人の嬪は常に「悲しいなぁ。我が兄王は何処に行ってしまったのだろう」と嘆いた。
    天皇がその嘆きを聞いて「お前は何を嘆いているのだ」と問うと、「私の兄の鷲住王は力が強く身軽で、ひとり高く大きな家を飛び越えて行ってしまいました。それから幾日も経つのに、会って話ことも出来ません。それで嘆いているのでございます」と答えた。
    天皇はその力が強いことを喜んで招喚したが応じなかった。
    また重ねて使いを出しても、猶も応じることはなく、常に住吉邑(すみのえのむら)に居た。これ以後招喚することはなかった。

    【日本書紀 巻第十二 履中天皇六年二月癸丑朔条】