蘇那曷叱知

名前
  • 蘇那曷叱知【日本書紀】なかしち)
  • 蘇那曷叱智【日本書紀】なかしち)
生年月日
( ~ 紀元前33年9月10日)
没年月日
(紀元前28年1月22日 ~ )
出来事
  • 紀元前33年(8月12日 ~ 9月10日)

    朝貢の使者として任那(みまな)国から来日する。

    【日本書紀 巻第五 崇神天皇六十五年七月条】
  • (紀元前28年1月22日 ~ 紀元前27年2月9日)

    帰国を申し出た。
    垂仁天皇に厚くもてなされ、任那王への贈り物として赤絹百匹として預かった。
    しかし新羅(しらぎ)人が道中を遮って奪った。
    その二国の怨みは、初めてこの時に起った。

    【日本書紀 巻第六 垂仁天皇二年是歳条】
関連