桑田玖賀媛

名前
  • 桑田玖賀媛【日本書紀】(くわたのくがひめ, くはたくが
  • 玖賀媛【日本書紀】(くが
性別
女性
生年月日
( ~ 仁徳天皇16年7月1日)
没年月日
(仁徳天皇16年7月2日 ~ )
出来事
  • 仁徳天皇16年7月1日

    仁徳天皇が宮人の桑田玖賀媛を近習の舎人らに見せて言うには「朕はこの女を可愛がりたいと思うが、皇后の嫉妬が強く、召すことが出来ずに多くの年月が過ぎた。このまま盛年を過ぎてしまうのか」と。
    そして歌で問うた。

    ()()()()() ()()()()()()() ()()()()()()()

    すると速待が一人進み出て歌った。

    ()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()() ()()()()()()()

    その日に玖賀媛を速待に賜った。

    【日本書紀 巻第十一 仁徳天皇十六年七月戊寅朔条】
  • (仁徳天皇16年7月2日 ~ )

    夕方、速待は玖賀媛の家に行った。しかし玖賀媛が好意を持つことはなかった。
    強引に寝床に近づくと、玖賀媛は「私は寡婦のまま終えたいと思います。どうして君の妻となりましょうか」と言った。
    天皇は速待の志を遂げさせたいと思い、玖賀媛を速待に副えて桑田(くわた)に送り遣わした。
    しかし玖賀媛は道中で発病して死んでしまった。
    それで今でも玖賀媛の墓がある。

    【日本書紀 巻第十一 仁徳天皇十六年七月戊寅朔明日条】