名前
  • 厚鹿文【日本書紀】(あつかや)
没年月日
景行天皇12年12月5日
出来事
  • 景行天皇12年12月5日

    景行天皇熊襲八十梟帥(くまそのやそたける)、厚鹿文・迮鹿文を討伐する為、その女の市乾鹿文市鹿文を欺いて召した。
    時に市乾鹿文が天皇に言うには「熊襲が服従しないことを憂えてはなりません。私に良い謀りごとがあるので、一人二人の兵を私にお付け下さい」と。
    そして家に帰ると、沢山の酒を準備して父に飲ませた。すると酔って寝た。
    市乾鹿文は密かに父の弓弦を断った。そして従ってきた一人の兵が熊襲梟帥を殺した。

    【日本書紀 巻第七 景行天皇十二年十二月丁酉条】
関連
  • 迮鹿文さかや熊襲梟帥。単なる同志なのか、はたまた夫婦なのか不明。【日本書紀 巻第七 景行天皇十二年十二月丁酉条】
  • 市乾鹿文いちふかや娘かも【日本書紀 巻第七 景行天皇十二年十二月丁酉条】
  • 市鹿文いちかや娘かも【日本書紀 巻第七 景行天皇十二年十二月丁酉条】